PC周辺機器

なぜオフィス付きの中古パソコンが安い?購入前のチェックポイント

この記事にはプロモーションが含まれています
PC周辺機器

無造作に置かれたノートパソコン

この記事では、中古パソコンの市場の拡大と、それに伴うオフィスソフトウェアの正規性や安全性に関する課題を深堀りしています。

多くの消費者が「なぜオフィス付きの中古パソコンがここまで安いのか?」と疑問を抱く中、この記事はその疑問の背後にある事実や注意点を明らかにします。

特に、オフィスソフトウェアの正規ライセンスの重要性や、中古パソコン購入時の安全性確保のための詳細なチェックリストなど、購入前に知っておくべき情報が詳しく解説されています。

  • 中古ノートパソコン市場でのWindows11とOfficeのプリインストール製品増加の背景
  • Officeの非正規品の存在とそれに伴うリスク
  • 中古パソコンにおけるOfficeのサポート期限や代替ソフトウェアの選択の自由性
  • 中古パソコン専門店での購入のメリットと品質管理の重要性
スポンサーリンク

安い中古パソコンなのになぜオフィスが付いている?

ノートパソコンでタイピングをする手元

Microsoft Officeの高価さと中古パソコンの価格

Microsoft Officeは、ビジネスや学業、日常の作業において欠かせないツールとして多くの人々に利用されています。

特にWord、Excel、PowerPointは、文書作成やデータ分析、プレゼンテーション作成の際に頻繁に使用されます。しかし、このような便利なツール群は、それなりの価格が設定されています。

例えば、Microsoft Office Home & Business 2021の永続ライセンスは約43,000円、Office365の1年ライセンスは約15,000円と、一般のソフトウェアと比較しても高価です。

このように、Microsoft Officeは高価であるにも関わらず、中古パソコンに付属している場合があります。そして、その中古パソコンの価格は驚くほど安いことが多いのです。

では、なぜこのような状況が生まれるのでしょうか。

非正規品または格安のオフィスが搭載

  • 無料オフィスが搭載されている
  • 非正規のMicrosoft Officeが搭載されている

主な理由として、中古パソコンに搭載されているMicrosoft Officeが「非正規品」である場合や「格安のOfficeを利用している」場合が考えられます。

非正規品とは、正式なライセンスを持たずに配布されているソフトウェアのことを指します。

これらのソフトウェアは、法人向けのライセンスが不正に使用されている場合や、ライセンス違反が発覚した際には使用できなくなるリスクがあります。

一方で、格安のOfficeとは、Microsoft Officeと同等の機能を持ちながら、価格が非常に安いソフトウェアのことを指します。

例としては「LibreOffice」や「OpenOffice」などのオープンソースソフトウェアが挙げられます。これらは無料で利用できる上、WordやExcelと互換性のあるファイル形式で保存や編集が可能です。

ただし、一部の高度な機能や特定のプラグインが利用できない場合があるため、使用目的に応じて選択する必要があります。

このように、中古パソコンに搭載されているMicrosoft Officeが正規品でない場合、購入者は将来的なリスクを背負うことになります。

そのため、中古パソコンを購入する際は、搭載されているソフトウェアの正規性をしっかりと確認することが重要です。

参考記事

非正規品や法人ライセンスのオフィスの存在とそのリスク

シャッターにプリントされたリスクを表すシール

中古パソコンにオフィスが付属している場合、そのオフィスが正規品であるか、または法人ライセンスのものであるかどうかを確認することは非常に重要です。

なぜなら、非正規のMicrosoft Officeや法人向けのライセンスが市場に出回っているため、そのリスクを避けるためです。

非正規のオフィスを使用すると、アップデートができなかったり、セキュリティのリスクが高まる可能性があります。

また、ライセンス違反となり、法的な問題に巻き込まれる恐れもあります。このため、購入前には十分な確認が必要です。

  • 非正規のMicrosoft Officeはセキュリティ、法的ともに問題あるので注意が必要

Microsoft Officeの正規品と非正規品の見分け方とその重要性

Microsoft Officeは、世界中で利用されるオフィスソフトウェアとして知られています。そのため、非正規品や模倣品が市場に出回ることも少なくありません。正規品と非正規品を正確に見分けることは、セキュリティや機能性、サポートの面で非常に重要です。

  1. プロダクトキーの確認:Microsoft Officeの正規品は、プロダクトキーが付属しています。このキーをMicrosoftの公式サイトで確認することで、その製品が正規であるかを判別することができます。
  2. 価格のチェック:非正規品の一つの特徴として、正規品に比べて価格が極端に安いことが挙げられます。例えば、通常2~3万円程度のソフトウェアが数千円で販売されている場合、その製品には疑問を持つべきです。
  3. ダウンロード元の確認:正規のMicrosoft Officeは、公式サイトや信頼性の高い販売店からのみ購入することが推奨されます。不明なサイトやメールのリンクからのダウンロードを求められる場合は、非正規品やマルウェアのリスクが高まります。

正規品のMicrosoft Officeは、定期的なセキュリティアップデートや新機能の追加が行われます。非正規品ではこれらのサポートが受けられない場合が多く、セキュリティリスクが増大します。

また、Microsoftの公式サイトには、正規品の確認方法や非正規品に関する注意点が詳細に掲載されています。購入前や使用前に、公式サイトの情報を参照することで、安全にOfficeを利用することができます。

正規品のMicrosoft Officeは、信頼性や機能の面で非正規品とは大きく異なります。そのため、購入や利用の際には、上記のポイントを参考に正規品を選択することを強く推奨します。

中古PCでのOfficeのプロダクトキーの確認方法

中古PCを購入する際、Officeのプロダクトキーを確認することは非常に重要です。

このプロダクトキーは、Officeの正規性を証明するものであり、不正なキーを使用している場合、後々トラブルの原因となる可能性があります。

確認の手順

  1. Officeアプリケーションの起動:
    まず、WordやExcelなどのOfficeアプリケーションを開きます。
  2. アカウント情報の確認:
    アプリケーション内の「ファイル」タブをクリックし、「アカウント」または「Officeアカウント」を選択します。ここで表示される情報から、製品のバージョンやライセンスの種類を確認できます。
Windowsのコマンドプロンプトから確認する方法もあります。

ポイント

  • ライセンスの種類:Officeのライセンスには、一般的に「永続ライセンス」と「サブスクリプションライセンス」の2種類があります。永続ライセンスは一度購入すれば永久に使用できるもので、サブスクリプションライセンスは定期的な料金を支払うことで利用できるものです。
  • 正規ライセンスの重要性:正規のライセンスを持つOfficeは、アップデートやサポートを受けることができます。一方、非正規のライセンスでは、これらのサービスを受けることができない可能性があります。

中古PCの購入を検討する際は、上記の手順とポイントを参考に、安全かつ確実に正規のOfficeライセンスを持つ商品を選ぶよう心がけましょう。

ただし、中古PCには以前のユーザーの情報が残っていることもあるため、キーの正規性だけでなく、所有権も確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

安いオフィス付きの中古パソコンにはリスクも?安全な購入方法を紹介

購入先を悩む女性の写真

Windows11搭載オフィス付き中古ノートパソコン選択のポイント

近年、中古ノートパソコン市場でWindows11とOfficeがプリインストールされている製品が増加しています。

その背景として、多くの企業や教育機関がIT機器の更新サイクルに従い、古いPCを一括で市場に放出していることが挙げられます。

このような大量のPCの流通により、中古PCの価格が低下。さらに、Officeをプリインストールすることで、商品の魅力を高め、消費者の購入意欲を刺激しています。

しかし、購入を検討する際にはいくつかのポイントを考慮する必要があります。

  1. Office2019のサポート期限:Office2019は、サポート期限が2025年10月14日までとなっています。この日を境に、セキュリティアップデートや機能追加が提供されなくなるため、その後の利用には注意が必要です。
  2. 無料または格安のOfficeの存在:込み入った使い方やビジネス用途を目的としない場合、無料のOffice代替品や格安のOfficeソフトウェアで十分な機能を享受できます。例えば、LibreOfficeやGoogle Docsなどのオープンソースやクラウドベースのオフィスソフトウェアは、基本的な文書作成や表計算には問題なく使用できます。
  3. 選択の自由:Office付きの中古ノートパソコンを選ぶ必要は必ずしもありません。特に、上記のような代替ソフトウェアを利用する場合や、Officeの最新バージョンを購入する意向がある場合は、Officeがプリインストールされていない製品を選択し、必要に応じて後からソフトウェアを導入するという選択も考えられます。

このように、中古ノートパソコンを購入する際は、自身の利用目的や予算、そしてソフトウェアのサポート期限などを総合的に考慮し、最適な製品を選ぶことが重要です。

エクセルやワード付きの中古パソコンは本当に必要?

多くの中古パソコン購入者は、Microsoft ExcelやWordがプリインストールされているモデルを好む傾向にあります。

しかし、実際にこれらのアプリケーションが日常の業務や学習に必要不可欠であるのか、その必要性を再評価することが重要です。

  1. 業務や学習の実態を確認:
    仕事や学業で頻繁に文書作成やデータ分析を行う場合、WordやExcelは確かに欠かせないツールとなります。
    しかし、メールやウェブブラウジング、基本的な文書作成のみであれば、他の無料のオフィスソフトやクラウドベースのアプリケーションでも十分対応可能です。
  2. コスト面の検討:
    Office付きの中古パソコンは、同等のスペックのものと比較して価格が高くなることが多い。
    その差額を考慮して、無料のオフィスソフトや月額制のクラウドサービスを利用する選択も考えられます。
  3. アップデートとサポート:
    中古パソコンにプリインストールされているOfficeのバージョンが古い場合、最新の機能やセキュリティアップデートが受けられないリスクがあります。
    これにより、データの互換性やセキュリティの問題が生じる可能性が考えられます。

エクセルやワード付きの中古パソコンの購入を検討する際には、自身の使用目的や予算、将来的なサポートやアップデートの必要性をしっかりと考慮することが求められます。

基本的な文書作成等くらいなら、無料または格安のオフィスソフトでも可能。

Microsoft Officeは必要になってからでも遅くないです

created by Rinker
キングソフト
¥2,682 (2024/07/20 23:23:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キングソフト
¥4,698 (2024/07/20 23:23:26時点 Amazon調べ-詳細)
参考記事

信頼できる中古パソコン専門店での購入のメリットとその背景

中古パソコン市場は拡大の一途を辿っており、多くの店舗やオンラインショップが参入しています。しかし、その中でも「信頼できる中古パソコン専門店」での購入は、消費者にとって数多くのメリットを持っています。

  1. 徹底的な品質管理:信頼できる専門店では、中古とはいえその品質には妥協しません。専門の技術者が一台一台を手作業でチェックし、必要に応じて部品の交換やアップグレードを行います。これにより、新品に近い状態の商品を手に入れることができます。
  2. 正規ライセンスの確認:非正規のソフトウェアが横行する中、専門店ではMicrosoft Officeなどのソフトウェアの正規ライセンスを確認し、消費者に安心して使用してもらうためのサポートを提供しています。
  3. アフターサポートの充実:購入後もトラブルが発生した場合、専門店ではしっかりとしたアフターサポートが受けられます。一般的に、専門店のアフターサポートは、迅速かつ的確に対応してくれることが多いです。
  4. 専門的なアドバイス:専門店のスタッフは、中古パソコンの性能や特性に詳しいため、購入前の相談や、使用目的に応じた最適な機種の提案など、専門的なアドバイスを受けることができます。
  5. 価格の透明性:信頼できる専門店では、商品の価格設定が透明であり、隠れたコストや不当な高額請求のリスクを避けることができます。

これらのメリットを考慮すると、中古パソコンの購入を検討する際には、信頼できる専門店を選ぶことが、長期的に見ても最も経済的で安全な選択となるでしょう。

初心者の方は必ず専門店で購入することをおすすめします。

中古パソコン購入時のオフィスの安全性確保のための詳細チェックリスト

チェックリストのイメージ画像

中古パソコンを購入する際、オフィスソフトウェアの安全性は非常に重要な要素となります。

不正確なソフトウェアや古いバージョンの使用は、データの損失やセキュリティの脆弱性を招く可能性があります。

以下は、中古パソコン購入時にオフィスの安全性を確保するための詳細なチェックリストです。

  1. Officeのバージョン確認:購入するパソコンに搭載されているOfficeのバージョンを確認します。特にOffice 2019やそれ以前のバージョンは、サポート終了が近いため注意が必要です。
  2. エディションの確認:OfficeにはHome, Professional, Studentなどのエディションが存在します。使用目的に応じて、適切なエディションであるかを確認します。
  3. セキュリティアップデートの確認:古いバージョンのOfficeは、セキュリティの脆弱性が存在する可能性があります。最新のセキュリティアップデートが適用されているかを確認します。
  4. ソフトウェアの動作テスト:Word, Excel, PowerPointなどの主要なアプリケーションを起動し、正常に動作するかをテストします。
  5. 非正規品のサインの確認:価格が極端に安い、不明瞭な販売元、不自然なUIなど、非正規品の兆候を確認します。

このような詳細なチェックを行うことで、中古パソコンに搭載されているOfficeの安全性と信頼性を確保することができます。

安全な使用のために、購入前の徹底的な確認をおすすめします。

オフィスが使えなくなった時の対処法とその手順

Microsoft Officeが突然使えなくなった場合、様々な原因が考えられます。

以下の手順で対処することが推奨されます。

  1. ライセンス認証の確認:
    Officeのアクティベーション状態を確認し、必要であればライセンス認証を再度行います。認証が切れている場合や、ライセンスキーの問題がある場合、このステップで問題が解決することが多いです。
  2. 非正規品の可能性の確認:
    使用しているOfficeが正規品であるかを確認します。非正規品や不正なライセンスキーを使用している場合、突然の動作停止や機能制限が発生することがあります。このような場合、正規のライセンスを購入することを検討する必要があります。
  3. ソフトウェアのアップデート:
    Officeの最新のアップデートが適用されているかを確認します。古いバージョンのOfficeは、新しいOSとの互換性の問題やバグが原因で動作しなくなることがあります。
  4. Officeの再インストール:
    Officeの動作に問題が続く場合、一度アンインストールし、再度インストールすることで問題が解消されることがあります。
  5. 互換モードの利用:
    特定のドキュメントが開けない場合、Officeの互換モードを利用して、古いバージョンのフォーマットでドキュメントを開くことを試みます。
  6. サポートへの問い合わせ:
    上記の手順で問題が解決しない場合、Microsoftのサポートセンターに問い合わせることを検討します。専門家のアドバイスやサポートを受けることで、問題の原因や解決策を具体的に知ることができます。

Officeが使えなくなった際には、焦らず上記の手順を試みることで、多くの問題が解決する可能性が高まります。

中古PCでOfficeを再インストールする際の注意点

中古PCにOfficeが既にインストールされている場合でも、何らかの理由で再インストールが必要になることがあります。このとき、注意すべき点がいくつか存在します。

まず、再インストールする前に、必ずプロダクトキーを確認してください。

また、Officeのバージョンやエディションも確認することが重要です。古くから、Officeは多くのバージョンやエディションが存在しており、間違ったものをインストールすると、プロダクトキーが認識されない可能性があります。

なぜオフィス付きの中古パソコンが安いの?:まとめ

以下にこの記事のポイントをまとめました。

  1. 中古ノートパソコン市場でのWindows11とOfficeのプリインストール増加
  2. 企業や教育機関が古いPCを一括放出、価格低下の要因
  3. Officeプリインストールで商品魅力向上と購入意欲刺激
  4. Office2019のサポート期限は2025年10月14日まで
  5. 基本的な作業には無料または格安のOfficeで十分
  6. 中古パソコンのOfficeが非正規品の場合がある
  7. 非正規品は正式なライセンスを持たず、使用リスクあり
  8. 信頼の中古専門店は正規ライセンスの確認とサポート提供
  9. 正規品のOfficeはプロダクトキー付属、極安価格は非正規品の可能性
  10. 正規品のOfficeは定期的なセキュリティアップデートを提供
  11. 中古購入時のオフィス安全性確保のためのバージョンやエディション確認が重要
  12. 非正規品のOfficeはアップデートや新機能サポートが受けられない
created by Rinker
キングソフト
¥2,682 (2024/07/20 23:23:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キングソフト
¥4,698 (2024/07/20 23:23:26時点 Amazon調べ-詳細)
参考
タイトルとURLをコピーしました