PC周辺機器

WPS Officeは使える?Microsoft製品との互換性は?

この記事にはプロモーションが含まれています
PC周辺機器

WPS Officeは、多くのユーザーに利用されているオフィスソフトウェアとして知られていますが、その「wpsoffice 互換 性」についてはどうでしょうか?Microsoft Officeとの比較、特にWord、Excel、PowerPointとの互換性は、多くの方が気になるポイントでしょう。

この記事では、WPS OfficeとMicrosoft Officeの違いや互換性について詳しく解説します。Microsoft Officeの経験者はもちろん、これからオフィスソフトを選ぶ方にも役立つ情報を提供します。

created by Rinker
キングソフト
¥3,655 (2024/07/21 03:32:44時点 Amazon調べ-詳細)
  • WPS OfficeとMicrosoft Officeの基本的な機能の類似性と違い
  • WPS Officeの価格面でのメリットとMicrosoft Officeとの価格比較
  • WPS Officeの無料版と有料版の特徴と制限点
  • WPS Officeのファイル形式とMicrosoft Officeのファイル形式との互換性の詳細
スポンサーリンク

WPS OfficeとMicrosoft Officeの互換性について

WPS Officeとは?

WPS Officeの内容説明画像

画像:KINGSOFTオンラインショップ

WPS Officeは、多くのユーザーに利用されているオフィスソフトウェアの一つです。主に、WPS Writer(ワードプロセッサ)、WPS Spreadsheets(スプレッドシート)、WPS Presentation(プレゼンテーションソフト)の3つのアプリケーションから構成されているStandard Editionと、WPS Writer(ワードプロセッサ)、WPS Spreadsheets(スプレッドシート)の2つのアプリケーションのPersonal Editionがあります。

製品 内容
Standard Edition
  • WPS Office Writer
  • WPS Spreadsheets
  • WPS Presentation
Personal Edition
  • WPS Office Writer
  • WPS Spreadsheets

このように言うと、Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPointにそれぞれ対応する形となっていることがお分かりいただけるかと思います。

WPS OfficeとMicrosoft Officeの互換性詳細

WPS Office互換性について

画像:KINGSOFTオンラインショップ

WPS Officeは、Microsoft Officeのファイル形式との高い互換性を持っています。例えば、WPS Writerで.docx形式のファイルを開いたり、WPS Spreadsheetsで.xlsx形式のファイルを開いたりすることができます。

ただし、一部の高度な機能やマクロなどは、正確に再現されないことがあります。

このため、複雑なファイルを扱う際には、事前に確認やテストを行うことをおすすめします。

Microsoft OfficeとWPS Officeの違い

グラフ作成イメージ画像

Microsoft Officeは、世界中で最も利用されているオフィスソフトウェアとして知られています。一方、WPS Officeは、特にアジア地域でのシェアが高いことが特徴です。

価格面の違い

WPS OfficeとMicrosoft Officeの一番の大きな違いは価格面です。WPS Officeの魅力の一つは、その価格の手頃さにあります。

例えば、WPS Officeの文書作成・表計算機能を持つソフトは、5,690円(公式価格)で提供されています。一方、Microsoft OfficeのWord・Excel・Outlookを含むパッケージは43,980円となっています。

価格
WPS Office2 Standard Edition 5,690円(税込)
Microsoft Office Home & Business 2021 43,980円(税込)
created by Rinker
キングソフト
¥3,655 (2024/07/21 03:32:44時点 Amazon調べ-詳細)

操作感とインターフェースの違い

体験版のリボン部分画像

操作感やインターフェースに関しては、Microsoft OfficeとWPS Officeは非常に似ています。特に、リボン部分(上部に表示される編集機能など)の実際の表示は、ほとんど違いがありません。

しかし、細かな部分での違いや、できる・できない機能は存在します。

Microsoft OfficeとWPS Officeは、それぞれの特徴や価格面での違いがありますが、基本的な機能や操作方法は非常に似ています。

そのため、Microsoft Officeの経験者であれば、WPS Officeもすぐに使いこなせるでしょう。しかし、細かな機能の違いや価格面を考慮すると、ユーザーのニーズに応じて選択する必要があります。

WPS Officeの危険性について

WPS Officeには、無料版と有料版が存在します。

無料版を使用する際、一部の機能が制限されることや広告が表示されることがあります。

このような点を「危険性」と捉えるかは、ユーザーの主観によるところが大きいです。

ただ、重要な業務での使用や機密情報の取り扱いには、有料版の利用や他の信頼性の高いソフトウェアの選択を検討することをおすすめします。

WPS OfficeでExcelファイルを開く方法

WPS OfficeのSpreadsheetsを起動した後、左上の「開く」をクリックします。

ファイルの開き方画像

すると、ファイル選択ダイアログが表示されるので、開きたいExcelファイルを選択して「開く」ボタンをクリックします。このようにして、簡単にExcelファイルをWPS Officeで開くことができます。

WPS Officeの無料版の特徴

WPS Officeの無料版は、基本的なオフィス作業をサポートする機能が備わっています。

しかし、一部の高度な機能やテンプレートの利用が制限されることがあります。

また、無料版の利用中には広告が表示されることがありますが、これによってソフトウェアの開発やサポートが継続されています。

ちなみに、有料版を購入することで、これらの制限や広告表示を解除することができます。

WPS OfficeはMacとの互換性は?

WPS Officeは、Windowsだけでなく、Macにも対応しています。

Macユーザーでも、WPS Officeの公式サイトからダウンロードして利用することができます。

ただ、Windows版とMac版での機能には若干の違いがあるため、特定の機能を利用する際には、公式サイトの情報を参照することをおすすめします。

created by Rinker
キングソフト
¥6,350 (2024/07/21 03:32:45時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

WPS Officeの互換性を実際に検証してみた

WPS WriterとWordの比較

writerの画面画像

WPS WriterとMicrosoft Wordを比較すると、多くの基本機能が共通しています。

文書の作成、編集、保存などの基本操作は、どちらのソフトウェアでも同様に行うことができます。

ただ、高度なレイアウトやデザイン機能に関しては、若干の違いが見られることがあります。このような点を考慮しながら、適切なソフトウェアを選択することが重要です。

WPS SpreadsheetsとExcelの比較

スプレッドシートの画面

WPS Spreadsheetsは、基本的なスプレッドシートの操作をサポートしています。

セルの編集、数式の入力、グラフの作成など、Excelで行うことができる多くの操作をWPS Spreadsheetsでも実行することができます。

しかし、一部の高度なマクロなどの機能やアドインに関しては、完全な互換性が保証されていないため、注意が必要です。

WPS PresentationとPowerPointの比較

powerpointの画面画像

WPS Presentationは、スライドショーの作成や編集をサポートするアプリケーションです。

PowerPointと比較して、基本的なスライドのデザインやアニメーションの設定など、一般的な操作はほぼ同じ方法で行うことができます。

しかし、一部のテンプレートや高度なアニメーション機能に関しては、完全な互換性が保証されていない点を留意する必要があります。

このため、複雑なプレゼンテーションを作成する際には、事前の確認が必要です。

WPS Officeのタブ機能について

オールインワンタブモード画像

WPS Officeには、複数の文書やスプレッドシートをタブ形式で開くことができる「オールインワンモード」が搭載されています。

この機能を利用することで、複数のファイルを同時に開いて、簡単に切り替えることができます。これには、作業の効率を大きく向上させるメリットがあります。

一方で、多くのファイルを開きすぎると、PCの動作が重くなる可能性もあるため、適切な数のファイルを開くことをおすすめします。

互換性の結論: WPS OfficeはMicrosoft Officeの代わりになるか?

WPS Officeは、Microsoft Officeとの高い互換性を持っていますが、完全な代替品として利用することは難しいかもしれません。

基本的な文書作成やスプレッドシートの編集などは問題なく行うことができますが、特定の高度な機能やマクロの利用には制限があることを理解しておく必要があります。

そのため、具体的な使用目的や必要な機能に応じて、WPS OfficeとMicrosoft Officeのどちらを選択するかを検討することが重要です。

WPS Officeの無料体験版を試してみよう

WPS Officeは、Microsoft Officeとの高い互換性を持つオフィスソフトとして、多くのユーザーに利用されています。特に、その互換性や使い勝手を確かめたい方のために、30日間の無料体験版が提供されています。

この無料体験版を活用することで、WPS Officeの多様な機能や操作感を実際に体験することができます。

例えば、WPS Officeの表計算やワープロソフトは、Microsoft Officeとの対応機能が多く、表示も問題なく行えます。また、WPS Officeのプレゼンソフトは、シンプルながらも必要な機能をしっかりと備えています。

このような特徴を持つWPS Officeを、無料体験版で試すことで、実際の作業環境にどれだけフィットするのかを確認することができます。

実際に、WPS Officeの無料体験版をダウンロードして使用する際の手順も非常にシンプルです。

インストールはわずか3分程度で完了し、30日間の無料体験が開始されます。

しかし無料体験版の期間が終了した後は、一部の機能が制限される可能性があるため、その点には注意が必要です。

もしWPS Officeの機能に満足した場合は、有料版へのアップグレードを検討することで、制限なくソフトウェアを利用することができます。

Microsoft Officeからの移行を考えている方や、新しいオフィスソフトを探している方は、この機会にWPS Officeの無料体験版を試してみてください。

WPS Officeの互換性について:まとめ

  1. WPS OfficeはMicrosoft Officeとの高い互換性を持つ
  2. 基本的な文書作成やスプレッドシートの編集は問題なく行える
  3. 特定の高度な機能やマクロの利用に制限がある
  4. WPS WriterとWordの比較では、多くの基本機能が共通
  5. WPS SpreadsheetsとExcelの比較では、基本操作は共通だが高度な機能に違いがある
  6. WPS PresentationとPowerPointの比較では、基本操作はほぼ同じだがテンプレートやアニメーションに違いがある
  7. WPS Officeにはタブ機能が搭載され、複数の文書をタブ形式で開くことができる
  8. WPS Officeの無料版では、一部の機能が制限されることや広告が表示される
  9. WPS OfficeはMicrosoft Officeのファイル形式との高い互換性を持つ
  10. WPS Writerで.docx形式、WPS Spreadsheetsで.xlsx形式のファイルを開くことができる
  11. 複雑なファイルを扱う際には、事前の確認やテストが推奨される
  12. WPS OfficeはWindowsだけでなく、Macにも対応している
created by Rinker
キングソフト
¥3,655 (2024/07/21 03:32:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キングソフト
¥6,350 (2024/07/21 03:32:45時点 Amazon調べ-詳細)

参考記事
タイトルとURLをコピーしました