PC周辺機器

中古パソコンの落とし穴!プロダクトキーなしのリスクを徹底解説

この記事にはプロモーションが含まれています
PC周辺機器

中古パソコンは手頃な価格で高性能なものが多い一方で、「プロダクトキーなし」という状態で販売されているものも存在します。

このような中古パソコンを購入すると、以下のようなトラブルが考えられます。

  • Windowsのアップデートができない
  • 一部のソフトウェア機能が使用できない

特に、プロダクトキーなしの中古パソコンを購入した場合、新たにプロダクトキーを購入して認証を行う必要が出てくることが強調されています。

この記事では中古 パソコンを購入する際のプロダクトキーの重要性と、プロダクトキーなしの中古パソコンを購入した場合のリスクとその対象法について解説しています。

  • プロダクトキーなしの中古パソコンのリスクとトラブル
  • マイクロソフトのライセンス条項と中古プロダクトキーの使用に関する違反の可能性
  • 正規のプロダクトキーの重要性とその購入の推奨
  • 中古パソコンの購入時の注意点と専門ショップでの購入のメリット
\最短翌日配送・最長1年無償保証がついて安心!/
スポンサーリンク

中古パソコンとプロダクトキーの基礎知識

  • プロダクトキー無しの中古パソコンを購入するとどうなる?
  • そもそもプロダクトキーってなに?
  • プロダクトキーの確認方法
  • Windows10の中古ライセンスキーとそのリスク
  • Windows10の認証システム

プロダクトキーなしの中古パソコンを購入するとどうなる?

プロダクトキーなしの中古パソコンを購入するとどうなる?

プロダクトキーのない中古パソコンを購入すると、以下のようなリスクがあります。

プロダクトキーなしの中古パソコンのリスク
  • Windowsの一部の機能しか利用できない
  • セキュリティのリスクが高まる

プロダクトキーは、ソフトウェアの正規ライセンスを証明するためのものです。このキーがないとソフトウェアの一部機能が制限され、使用することができなくなります

また、Windowsアップデートをおこなうこともできないため、セキュリティのリスクも高くなります

プロダクトキーなしの中古パソコンを購入した場合、これらの制限がかかります。そのため、別途プロダクトキーの購入が必要です。そうなると、あとから正規のプロダクトキーを購入しなくてはならないので、その分の予算を考慮して製品の選択をする必要があります。

中古パソコンを購入する際は、購入前にプロダクトキーの有無を確認のうえ購入することをおすすめします。

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,500 (2024/07/20 15:14:07時点 Amazon調べ-詳細)

そもそもプロダクトキーってなに?

ライセンスってなに?

プロダクトキーとは、ソフトウェアを正規に利用するために認証キーです。

このキーを入力することで、ユーザーが正規のライセンスを所持していることが確認され、ソフトウェアの全機能を使用することができるようになっています。

また、プロダクトキーは、ソフトウェアの著作権保護や不正利用を防ぐ目的でも使用されています。

WindowsやOfficeなどのソフトウェアにはプロダクトキーが付属し、ソフトウェアのインストール時にプロダクトキーを入力することでライセンス認証が行われ、ソフトウェアの全機能が利用可能になります。

プロダクトキーがない中古パソコンを購入した場合は、新たにプロダクトキーを購入して認証を行う必要があります。

Windowsを利用するためには、プロダクトキーは必ず必要

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,500 (2024/07/20 15:14:07時点 Amazon調べ-詳細)

プロダクトキーの確認方法

プロダクトキーの確認方法

プロダクトキーを確認する方法は、以下の4つがあります。

プロダクトキーを確認する方法
  • パッケージや購入メールを確認する方法
  • コマンドプロンプトを使用する方法
  • Power Shellを使用する方法
  • Windows Product Key Viewを使用する方法

パッケージや購入メールを確認する方法

Windows10または11がすでにインストールされていたパソコンを新品で購入した場合や、プロダクトキーを別途購入した場合は、パッケージを確認することでプロダクトキーの確認ができます。

また、Web上で購入した場合は、購入時に送信されてきているメールで確認することができます。

コマンドプロンプトを使用する方法

あらかじめWindowsがインストールされているメーカー製パソコンの場合は、コマンドプロンプトでプロダクトキーの確認ができます。

コマンドプロンプトで確認する場合は、以下の手順で確認が可能です。

コマンドプロンプトでプロダクトキーを確認する方法
  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「すべてのアプリ」をクリック
  3. 「Windowsシステムツール」を左クリック
  4. 「コマンドプロンプト」を左クリック
  5. 「wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey」を入力してEnter

上記の手順後、コマンドプロンプトの画面上にプロダクトキーが表示されます。

自作PCの場合、この方法ではプロダクトキーが表示されません。自作PCを使用している場合は、Windows Product Key Viewで確認してください。

Power Shellを使用する方法

Power Shellの起動方法
  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「すべてのアプリ」をクリック
  3. 「ターミナル」を左クリックしてツリーを開く
  4. 「Windows PowerShell」を左クリック

Power Shellが起動したら、「wmic path softwarelicensingservice get OA3xOriginalProductKey」と入力し、Enterキーを押すとプロダクトキーが表示されます。

自作PCの場合、この方法ではプロダクトキーが表示されません。自作PCを使用している場合は、Windows Product Key Viewで確認してください。

Wise Windows Key Finderを使用する方法

自作PCを使用している場合は、上記3つの方法ではプロダクトキーの確認ができません。

その場合は、Wise Windows Key Finderというフリーソフトを使用することでプロダクトキーを確認できます。

Wise Windows Key Finderの使用方法
  1. ダウンロードサイトで「無料ダウンロード」をクリックしてウンロード
  2. ダウンロードした「WiseMSKey_1.0.2.exe」をダブルクリック
  3. ユーザーアカウント制御の画面で「はい」をクリック

その後表示される画面の中にプロダクトキーが表示されます。

Windows10の中古ライセンスキーとそのリスク

Windows10の中古ライセンスキーとは、いちど使用されたことのあるWindows10のプロダクトキーを指します。

これを使用してWindows10の認証をすると、ライセンス条項に違反する可能性があります。

マイクロソフトのライセンス条項によると、中古PCにプレインストールされているWindowsのプロダクトキーは、元のデバイスでのみ使用することが許可されています。

これを別のデバイスで使用することは、条項に違反することになります。

a. デバイスにプレインストールされたソフトウェア。お客様は、デバイスにプレインストールされた本ソフトウェアを取得した場合 (およびデバイスにプレインストールされた本ソフトウェアからアップグレードした場合)、ライセンスを取得したデバイスと共にのみ、本ソフトウェアを使用するライセンスを別のユーザーに直接譲渡することができます。お客様は、本ソフトウェア、およびデバイスと共に提供された場合は、プロダクトキーを含む正規の Windows ラベルを含めて譲渡しなければなりません。許諾された譲渡を行う前に、本ソフトウェアの譲受者は本ライセンス条項が譲渡および本ソフトウェアの使用に適用されることに同意しなければなりません。

マイクロソフトソフトウェアライセンス条項

また中古のライセンスキーは、不正に取得されたものや、すでに使用されているものである可能性もあります。そのため、使用には以下のようなリスクが伴います。

中古ライセンスキーのリスク
  • ライセンス認証ができない
  • 別のPCで使用したら数日後、デスクトップに「このWindowsのコピーは正規ではありません」というメッセージが表示されるように

など、安価だと思って購入したりしたが、結局は新しいライセンスキーを購入することで余計な出費になってしまったという実例もあります。

このようにWindows10の中古ライセンスキーを使用するのは、高いリスクが伴います。

マイクロソフトのライセンス条項に違反する可能性があり、法的な問題が生じるだけでなくライセンス認証ができないということも考えられます。

そのため、安全に使用するためには、正規のライセンスキーを購入することを強くおすすめします。

ライセンスキーは正規の新品を購入がおすすめです。

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,500 (2024/07/20 15:14:07時点 Amazon調べ-詳細)

Windows10の認証システム

Windows10では、従来のプロダクトキーによる認証に加え、デジタルエンタイトルメントという新しい認証方法が導入されました。

Windows10デジタルエンタイトルメントとは?

デジタルエンタイトルメントとは、ハードウェアに保存されたライセンス情報からライセンス認証をするシステムのことです。

マイクロソフト社は、不正コピーの防止や、正規品の認証のためにWindowsの認証システムを導入しています。

デジタルエンタイトルメントを利用することで、Windowsの再インストールなどの際に、プロダクトキーの入力の手間が省けるようになっています。

このようにWindows10の認証システムは、ユーザーが正規のソフトウェアを安心して使用できるように設計されています。

特にデジタルエンタイトルメントの導入により、再インストール時の手間が省けるなど、ユーザビリティが向上しています。

正規のライセンスを持つことで、安全かつ快適にWindows10を使用することができます。

2回目以降のインストール時にはプロダクトキーの入力が不要

スポンサーリンク

プロダクトキーなしの中古パソコンのメリットとデメリット

  • 中古のプロダクトキーがおすすめできない理由
  • 初心者はOSがインストール済のパソコンがおすすめ
  • 中古パソコンは専門ショップでの購入がおすすめ
  • プロダクトキーがない中古パソコンのリスクまとめ

中古のプロダクトキーがおすすめできない理由

中古プロダクトキーをおすすめしない理由

プロダクトキーなしの中古パソコンを購入したときに、中古プロダクトキーを購入するのは、多くのリスクを伴うためおすすめしません。

中古プロダクトキーをおすすめできない理由
  • ライセンス違反リスク
    マイクロソフトのライセンス条項では、プロダクトキーの転売や再利用は禁止されています。中古のキーを使用することで、この条項に違反する可能性が高いです。
  • 認証できない
    中古のプロダクトキーがすでに他のデバイスで使用されていた場合、新しいデバイスで認証することができないということが考えられます。
  • セキュリティリスク
    不正なキーを購入した場合、マルウェアやウイルスに感染するリスクも考えられます。

中古のプロダクトキーは、正規性の確認が困難なため、ライセンス違反や認証の失敗などのリスクが伴います。

こうしたトラブルに巻き込まれないためにも、プロダクトキーは正規品を購入するのが鉄則です。

初心者はOSがインストール済のパソコンがおすすめ

パソコン初心者のかたは、OS(WindowsやMac)があらかじめインストールされているパソコンを購入することをおすすめします。

その理由としては、

  • 手間の削減
  • トラブルの回避
  • 追加費用のリスクを軽減

などが挙げられます。

OSのインストールには、特定の手順や設定が必要です。この工程がパソコン初心者の方にとって、難度が高く感じる場合があります。

また、OSのインストール時に予期せぬエラーが発生した場合、初心者の方には対処が難しいことが多いです。

そしてOSがインストールされていないパソコンを購入した場合は、OSの正規ライセンスの購入が必要になるので、結果的に高い費用がかかることもあります。

これらのことから、パソコン初心者の方の場合は、無用なトラブルや費用を避けるために、OSがインストールされている中古パソコンを購入することをおすすめします。

中古パソコンは専門ショップでの購入がおすすめ

中古PCは専門ショップがおすすめ

OSのインストールされている中古パソコンの購入を検討する際は、専門ショップでの購入がもっとも安全でおすすめです。

専門ショップなら、中古パソコンの品質や動作確認などの必要な作業を専門スタッフによりおこなわれていて、安心して使用できる状態になっています。

また、万が一トラブルが発生したときも、専門のスタッフがサポートしてくれるのでパソコン初心者の方でも安心して利用できます。

たとえば、中古パソコン専門ショップのBe-Stockでは、パソコンの初期不良の場合1年間の無償保証が付いています。また、発送のための送料も店舗負担となっているので、初心者の方は特に安心して利用できるようになっています。

\最短翌日配送・最長1年無償保証がついて安心!/

オークションやフリマサイトでの中古パソコン購入はおすすめできません!

プロダクトキーがない中古パソコンのリクスまとめ

中古パソコン市場では、手頃な価格で高性能なパソコンが販売されています。

しかし、なかには「プロダクトキーなし」というものも存在していることも事実です。

プロダクトキーがない中古パソコンを購入した場合、Windowsのアップデートができない、一部のソフトウェアが使用できないなどという、トラブルやリスクがあります。

また、プロダクトキーがないということは、その中古パソコンは正規のライセンスを持っていないという可能性もあります。その場合は、法的な問題に巻き込まれるリスクもできます。

ポイント
  • プロダクトキーはソフトウェアやOSの正規性を証明するもの
  • プロダクトキーなしの中古パソコンは、アップデートや使用制限がある可能性あり
  • 正規のライセンスを持たないパソコンの使用は、法律に違反する可能性も

プロダクトキーなしの中古パソコンを購入を検討する場合は、これらのリスクを十分に考慮することが重要です。

また、無駄なトラブルに巻き込まれたくないという場合は、専門ショップでの購入をおすすめします。

\最短翌日配送・最長1年無償保証がついて安心!/
参考記事
タイトルとURLをコピーしました